投資の対象としてFXに興味があるけれど、いったいFXってどんな金融商品なのがとお思いのこれから投資を始める方にFXについて少し話をさせて頂きたいと思います。
FXとはForeign Exchangeの頭文字を取っており、外国為替証拠金取引の事を言います。
“外国為替証拠金取引”と聞くと、なんだかとても難しく、高い知識が無ければ挑戦する事が出来ないように感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、ドルやユーロなどの外国通貨を交換・売買し、その差益を資産を増やす目的に運用される金融商品の一つとなります。

もっと分かりやすく言えば、日本円でドルを購入するとします。
日本円が120円の時に1000ドル分購入すると120,000円の支払になります。
数日して、円が130円に値上がりをしたと仮定し、その時にドルを日本円に買い戻す(ドルから円へ両替を行う)すると10,000円のの利益が発生します。(※厳密には手数料などが含まれるためこの金額の限りではありません。)
これがFXの基本的な仕組みとなります。

FXでは金利差の事をスワップポイントやスワップ金利と呼びますが、通貨ペアによってはこのスワップポイントがとても大きくなる通貨ペアもあります。
そのため、通貨ペアを金利の高い国の通貨と売買取引をする事によって、より利益を得る事が出来ます。

高金利の通貨として投資家の間でも注目されているのがトルコリラです。
しかし、実際にトルコリラを取り扱っているFX業者でトルコリラのスワップポイントを比較してみると、大きな開きがあり、トルコリラと円の通貨ペアで高いスワップポイントだと101円というところがあるのに対して、64円という業者もあります。
じゃー手っ取り早く高金利の業者で!と、思いがちですが、ちょっと待ってください。

デイトレートの様に短期決戦での取引の場合、トルコリラは高金利の業者を円欄で取引を行えば安定した利益を得る事が出来ると思います。
しかし、長期での運用となると話は別で、売立をして日を持ち越した場合、トルコリラはスワップ金利の支払が生じるため、金利の低い業者で取引をする事が良いと言われています。

売りが得意な業者と買いが得意な業者がありますので、皆さんもじっくり検討して業者を選んでください。

外貨預金、定期預金など、安定した資産運用の手法は、銀行を通じて、一般に知られていますが、利回りの低さ、一定額を集めなければ運用益が望めない点などに若干のネックがあります。

他方、注目を集めているのは、FXでのスワップポイントを狙った高金利通貨への投資です。
世界的に、高金利政策をとっている国と言えば、ブラジル(レアル)、トルコ(リラ)、南アフリカ(ランド)、ニュージランド(ドル)、オーストラリア(ドル)などでしょうか。

これらの国の通貨に、低金利の日本円を売って投資することで、高金利通貨との差益(スワップポイント)の恩恵に預かることが出来ますが、特にこの中でも、トルコリラ、オーストラリアドルなどを、プッシュしているFX会社が多いように見えます。特に政策金利7.5%と高いトルコリラは、非常に魅力的です。スワップポイント狙いでも良いでしょうし、レートの変動もある通貨ですので、その分だけ、投資のチャンスは多いと言うことになります。

少額から始められるFXは、単に外貨預金で行う利殖よりも、入口としては手頃ですし、二国間の通貨の関係さえ、掴むことが出来れば、それほど難しい投資ではありません。毎日、コツコツと利息収入のように、資金を増やすことも出来ます。

外国為替取引と言えば、外貨預金が一番最初に出てくると言う方も
多いのではないかと思いますが、皆さんはどのような資産運用を行っていますか?

この外貨預金の仕組みを、しっかり飲み込んでさえいれば、さらに利回りの高い、FXの取引にも、チャレンジ、応用できます。

FXでいま人気のトルコリラ、豪ドルなどは、この外貨預金の発想と似た為替レートの差益、差損、という発想の取引が、さらに短期で、さらにハイリターンを狙って行うことが出来ます。また、特にトルコリラについては、高金利(政策金利はなんと7.5%)の通貨として有名ですので、低金利の日本円との間で、金利差益を狙う取引が、人気を集めています。この差益は、スワップポイントという形になって、毎日、少しづつですが、利息収入を得るような感覚で、口座に入ってきます。

もちろん、FXの最大の特徴は、証拠金取引であり、レバレッジを利かせた取引が可能です。少しのレートの変化、少しの金利差の変化を、大きな利益につなげるチャンスが出てきます。が、当然のリスクとして、狙いとは逆に相場が動いてしまったときは、外貨預金とは全く異なったリスクが出て来ることを覚悟せざるを得ません。

ただ、外国為替の取引を行うのであれば、知らなければならない相手国の基本的な情報、知識は、どのような取引の形態であろうと
大きく変わることはありません。

外貨預金を使って、コツコツと外貨での利息を稼いで…という発想を、お持ちの方も多いでしょう。実際、銀行に出かけていくと、外貨預金の案内を意外にも多く見かけます。

しかし、為替差益を狙うこの外貨預金は、取引コストが意外と掛かってしまう、ということと、どうしても円安時にしか、取引のチャンスが産まれて来ないという意味で、やや流動性に疑問が残る資産運用でもあります。

対して、最近、この外貨預金と似たような取引として、FXのスワップを狙った取引が注目を集めるようになっています。この取引は、外貨預金の流動性に欠ける部分だった手数料と取引機会の問題を、両方ともクリアーしてくれます。例えば、1ドルあたり取引に掛かる手数料は、外貨預金の場合と、ほとんど比較にならないぐらい安値ですし、2つの国の「金利差」を狙って行う取引は、円安時だろうが、円高時だろうが、常にチャンスが出て来るものです。この場合、スワップポイントというのが、外貨預金の利息に代わるものとして、アナタの口座に入ってくることになります。

また、これは同時にリスクでもありますが、レバレッジを掛け、より大きな取引に乗り出すことが出来るのもFXの魅力です。2国間の通貨の動きをしっかり捉え、自信を持って取引に向かうのであれば、むしろスワップポイントを狙った利殖のほうに、注目が集まるのは必然でしょう。

日経平均リンク債とは、225銘柄で構成される日経平均株価の変動率などで、償還金額および利率が変動するという、少し特殊な性質を持った債券のことで、個人投資家から人気を集めています。

償還金額が変化するタイプのリンク債券であれば、例えば、225銘柄の平均株価が、あらかじめ決められている水準以下になった場合に連動して償還金額が変化していく仕組みを持ちます。このとき、株価があらかじめ決められた水準以下になってしまうことを、「ノックイン」と言います。当然、ノックインは大きなリスクとなりますが、逆にノックインしなかった場合は、100%の償還金額となり、これは他の債券と比べても、比較的に高い利回りが期待できるように設定されています。

他方、利率が変化するタイプのリンク債券であれば、利率の決定日にて、あらかじめ決められていた基準価格より、株価が高くなったときには高い利率が適用され、逆に株価が低くなってしまったときには、低い利率が適用される仕組みになっています。

やや、複雑な仕組みを持っている日経平均のリンク債券ですので、購入には、しっかりとした仕組みの理解と、中長期の戦略による視座が必要です。一般の債券よりもリターンが望めるからと言って、リスクの検討も忘れないでください。

皆さんは、どのように資産運用の戦略を立てておられるでしょうか。一般的には、定期預金、外貨預金、債券、株式、投資信託…などを用いた運用が多いのではないかと思います。しかし、どうしても定期預金や債券、株式の配当金狙いの運用は、利回りが低く、株式の売買にしても、確固たる根拠がないと、なかなか思い切った売買は難しいものです。

その点において、新しい資産運用のオプションとして注目を集めているのが、FXを使った運用です。FXを行うには、取り扱いの会社を通じて口座を作る必要がありますが、株式投資よりも、ずっと少額から投資を行えるのが特徴です。

FXのなかで、とりわけ人気が高いのはスワップポイント狙いの取引です。調べてみると、トルコのリラや、豪ドルなどの名前がすぐに出てきますが、これは、日本と、これらの国々との間に存在する「金利差」に着目した取引なのです。低金利の日本を売りに出し、高金利の新興国を買い求めることで、そこに発生する金利差を、差益として狙うものです。

このスワップポイントは、毎日、少しづつ貯まっていくものですから、まさに利息収入のような感覚を味わうことが出来ます。もちろん、これだけでは確かに利回りは小さいのですが、差益の発生に確信を持てるようになれば、レバレッジの活用などで、一気に収入を増やしていくことも可能なのです。

日経平均株価や、TOPIXなど、代表的な経済指数と連動するように組まれているインデックスファンドは、根強い人気を誇っています。比較的、安定した資産運用を狙いたい場合に、とても好まれるファンドですが、似たようなファンドとして、ETFなどもあります。インデックスファンドのメリットやお得感は、どんなところにあるのか、イマイチ分かり難くなっているのも事実でしょう。

インデックスファンドの良いところは、とにかく単価を低く設定できるので、1万円〜の投資が可能になっているということです。ETFの場合ですと、どうしても10万円〜100万円が投資の単位となってしまいますので、それなりの資金を準備しなくてはなりません。

また、1万円からと手頃な水準で買い求めることができるため、毎月、少しづつ、計画的な積み立てが可能になるでしょう。それこそ、ドルコスト平均法のように、リスクを自分でマネジメントしながら、じっくり投資に打ち込めるのが魅力でもあります。

販売の手数料などは、証券会社、商品によって、ずいぶん違いがあるようですので、一概には言えませんが、最初にかかる販売手数料という意味では、やはりインデックスファンドのほうが、お手頃となっています。

  

Calendar

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31