日経平均株価や、TOPIXなど、代表的な経済指数と連動するように組まれているインデックスファンドは、根強い人気を誇っています。比較的、安定した資産運用を狙いたい場合に、とても好まれるファンドですが、似たようなファンドとして、ETFなどもあります。インデックスファンドのメリットやお得感は、どんなところにあるのか、イマイチ分かり難くなっているのも事実でしょう。

インデックスファンドの良いところは、とにかく単価を低く設定できるので、1万円〜の投資が可能になっているということです。ETFの場合ですと、どうしても10万円〜100万円が投資の単位となってしまいますので、それなりの資金を準備しなくてはなりません。

また、1万円からと手頃な水準で買い求めることができるため、毎月、少しづつ、計画的な積み立てが可能になるでしょう。それこそ、ドルコスト平均法のように、リスクを自分でマネジメントしながら、じっくり投資に打ち込めるのが魅力でもあります。

販売の手数料などは、証券会社、商品によって、ずいぶん違いがあるようですので、一概には言えませんが、最初にかかる販売手数料という意味では、やはりインデックスファンドのほうが、お手頃となっています。