外貨預金を使って、コツコツと外貨での利息を稼いで…という発想を、お持ちの方も多いでしょう。実際、銀行に出かけていくと、外貨預金の案内を意外にも多く見かけます。

しかし、為替差益を狙うこの外貨預金は、取引コストが意外と掛かってしまう、ということと、どうしても円安時にしか、取引のチャンスが産まれて来ないという意味で、やや流動性に疑問が残る資産運用でもあります。

対して、最近、この外貨預金と似たような取引として、FXのスワップを狙った取引が注目を集めるようになっています。この取引は、外貨預金の流動性に欠ける部分だった手数料と取引機会の問題を、両方ともクリアーしてくれます。例えば、1ドルあたり取引に掛かる手数料は、外貨預金の場合と、ほとんど比較にならないぐらい安値ですし、2つの国の「金利差」を狙って行う取引は、円安時だろうが、円高時だろうが、常にチャンスが出て来るものです。この場合、スワップポイントというのが、外貨預金の利息に代わるものとして、アナタの口座に入ってくることになります。

また、これは同時にリスクでもありますが、レバレッジを掛け、より大きな取引に乗り出すことが出来るのもFXの魅力です。2国間の通貨の動きをしっかり捉え、自信を持って取引に向かうのであれば、むしろスワップポイントを狙った利殖のほうに、注目が集まるのは必然でしょう。