外貨預金、定期預金など、安定した資産運用の手法は、銀行を通じて、一般に知られていますが、利回りの低さ、一定額を集めなければ運用益が望めない点などに若干のネックがあります。

他方、注目を集めているのは、FXでのスワップポイントを狙った高金利通貨への投資です。
世界的に、高金利政策をとっている国と言えば、ブラジル(レアル)、トルコ(リラ)、南アフリカ(ランド)、ニュージランド(ドル)、オーストラリア(ドル)などでしょうか。

これらの国の通貨に、低金利の日本円を売って投資することで、高金利通貨との差益(スワップポイント)の恩恵に預かることが出来ますが、特にこの中でも、トルコリラ、オーストラリアドルなどを、プッシュしているFX会社が多いように見えます。特に政策金利7.5%と高いトルコリラは、非常に魅力的です。スワップポイント狙いでも良いでしょうし、レートの変動もある通貨ですので、その分だけ、投資のチャンスは多いと言うことになります。

少額から始められるFXは、単に外貨預金で行う利殖よりも、入口としては手頃ですし、二国間の通貨の関係さえ、掴むことが出来れば、それほど難しい投資ではありません。毎日、コツコツと利息収入のように、資金を増やすことも出来ます。